乾燥肌ケア

乾燥肌を肌断食で治そうとしているあなたへ!これを知らないと…

私は顔の乾燥肌にずっと悩み続けていました。

メイクをしても肌がカサカサ乾燥しているため、ファンデーションが浮いて汚く見えてしまう、どんなファンデーションでメイクしても上手くメイクできない・・・。

乾燥が酷くなると、肌のカサカサだけではなく、肌の赤みも酷くなり、人に顔をじっと見られて話すことが恥ずかしくなってしまうほど、コンプレックスに感じていました。

そこで、私はメイクを工夫するのではなく、肌自体を変えていかなければいけないと思い、あらゆる化粧水や乳液、美容液を試しました。

たっぷりと塗ってみたり、塗った後にパックをしてみたり、あらゆるものを塗りたくり、肌が外気に触れないように、乾燥しないようにと過ごしていました。

しかし、それでも乾燥は改善せず、メイクするとカサカサした肌になってしまうのです。

メイクを落とせば赤くなってしまった乾燥肌です。

そんな時、保湿剤を塗り、肌を甘やかしてはいけない!肌は鍛えると良いという肌断食というものがあると友人から聞いたのです。

私は肌を甘やかしてしまっている?何も塗らずに肌を鍛えれば、強く乾燥しない肌を手に入れられる?!

そう知った私は、乾燥肌を肌に何も塗らないという方法、肌断食で治すことを決意しました。

ところが私が思っていた結果にはならず、肌は・・・。

肌断食をする前に、肌断食はどういうものなのか、正しい方法、メリットやデメリット、肌断食を行うべき人と、行わないほうが良い人がいるということを知っておくことが大切です。

私のように大失敗しない為にも、肌断食の事をよく知ってから行いましょう。

肌断食とは?

肌断食とはスキンケアもメイクも一切行わないという方法です。

スキンケアやメイクにより、薄くなってしまった皮膚を健康な状態に戻すということです。

化粧水や美容液により掛かった負担やストレスを軽減することで肌自体のバリア機能が正常に働き、健康的な肌がテに入ります。

肌断食の方法は?

肌断食の方法としては、徐々に肌に必要のないものを減らしていくという方法です。

私はここで勘違いして失敗しました。

一気にスキンケアを全て辞めるのではなく、徐々に辞めていくということが大切です。

まずは洗顔の洗い過ぎを無くしていく→クレンジングを辞める→乳液を辞める→美容液を辞める→化粧水を辞めるというように徐々に肌に付けている物を減らしていくという方法です。

肌断食で得られるメリットは?

肌断食で得られるメリットは以下のものが挙げられます。

  • 乾燥肌の改善・・・本来の肌にある肌バリア機能が向上し、水分を保持し潤いのある肌を保持できるようになります。
  • 水分と油分のバランスが整う・・・肌の水分と油分のバランスが勝手に整い、肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、肌トラブルのない肌を維持できるようになります。
  • ハリのある肌に・・・肌のターンオーバーが正常に行われるようになるため、ハリのある肌が維持できるようになります。

肌断食のデメリットは?

肌断食を行うに当たり、デメリットもあります。

断念する人が多い途中経過のガサガサ

肌断食を行うと、以前よりも肌荒れが酷くなった、乾燥が酷くなったという状態に襲われます。

これは肌断食を行うことで良い変化だと言えるのですが、ここで大変なことになったと思い肌断食を断念してしまう人が多い時期です。

この途中経過は、これまで肌のターンオーバーにより、剥がれ落ちるべきだった角質層が化粧水や保湿液などにより抑えられ、剥がれ落ちずに肌に蓄積されてきた角質層が剥がれ落ちてきてくれているという状態です。

この剥がれ落ちるガサガサ期を終えると、肌のターンオーバーがしっかりと行われた健康的な肌が見えてくるという訳です。

大体肌断食を始めてから、約28日という期間を過ぎると、このガサガサ期が終了し、健康的な肌が出来あがります。

肌断食の途中経過から抜け出せない!!

私は肌断食を始めてから、古い角質層が剥がれ落ちてくるガサガサ期を経験しました。

これさえ乗り越えれば健康的な肌が手に入れられると思い、一生懸命耐えました。

ところがこのガサガサ期が全く終わらず、いつまでもガサガサが酷くなって言ってしまうのです。

どうしたものか・・・。いつまで耐えればよいのか・・・。

結局、肌断食を断念して、保湿ケアを再開するまで、ガサガサ期が止まりませんでした。

実は中には肌断食を行っても、正常な肌のターンオーバーが行われず、健康的な肌が手に入れられないという場合もあるのです。

その場合、いつまでも耐え続けていると、肌はどんどんバリア機能が低下し、外部刺激やアレルゲンの影響を受け、肌トラブルが発生してしまいます。

28日を過ぎてもガサガサ期が収まらないという場合は、肌断食を中断してください。

肌断食が向いている人と向いていない人がいる?

実は肌断食を肌を甘やかさずに鍛えて強い肌を手に入れるという考えは間違えています。

本当の肌断食の意味は、元々持つ肌の強さを引き出すということなのです。

肌断食を行うことで、普段必要以上に与えてしまっている物を無くしても肌の強さが引き出されるという人は肌断食が向いている人です。

しかし、元々乾燥肌になる原因があり、その原因を無くさない状態でが必要としている保湿を無くしてしまうと、肌自体の強さを持ち合わせていないのにも関わらず、肌は放置されてしまうため、肌の状態はより酷く乾燥してしまうということになるのです。

こういった人に肌断食は向いていません。

肌を鍛えるという手段ではなく、あくまでも肌本来の力を引き出すという方法なのです。

肌断食を行う前に・・・

肌断食を行う前に、乾燥肌の原因となっていることを全て改善し、その上で保湿ケアが無いと乾燥してしまうという場合は、肌断食を行うことが出来ます。

まずは、肌が乾燥してしまう生活を改善しなければいけません。

  1. 新陳代謝を高める・・・肌のターンオーバーを正常に行わせるためには新陳代謝を高める必要があります。体の冷えを無くし、血流の流れをよくしましょう。
  2. 食生活・・・タンパク質やビタミン類という健康的な肌を作りだすための栄養素を積極的に摂取します。栄養のバランスの良い食事を行い、肌に悪影響となる油分の多い食事や冷たい食べ物、飲み物を避けるように心がけます。
  3. 生活習慣・・・質の高い十分な睡眠をとります。睡眠不足は肌のターンオーバーが正常に行われない状態を作ります。ホルモンバランスの乱れにも繋がり、肌に必要な皮脂量が異常になり、肌トラブルを引き起こします。
  4. 生活環境・・・肌の乾燥は肌を取り巻く生活環境にも関係します。湿度の低い場所にいると肌も乾燥してしまいます。湿度60%前後の部屋にするように心がけます。
  5. 洗顔・・・肌に必要な皮脂や天然保湿因子などは洗顔のし過ぎにより洗い流され、乾燥を悪化させます。肌に刺激を与えずに優しく洗い、洗い過ぎに注意です。

以上のことをしっかりと行い、乾燥する原因が取り除かれた上で、肌断食を行いましょう。

プチ肌断食が良い!!

私は肌断食は失敗してしまいましたが、肌に化粧水や美容液、乳液などを塗り続けることで、肌に必要のなくなった角質層が剥がれ落ちることが出来なくなる、肌への負担で皮膚が薄くなるなどということはあります。

そこで肌断食をたまに少しだけ行うというプチ断食という方法があったのです。

この方法だと、酷いガサガサ期に耐える必要もなく、肌を一時的に休ませてあげることができます。

また肌断食を行う場合、メイクも出来ませんが、プチ断食なら日中の外出時はメイクが出来て尚且つ肌断食できるので、気持ちの面でも負担なく行うことができました。

プチ断食の方法

プチ断食の方法は週末だけ何もつけずに過ごすという方法です。

自宅から出ない日、完全オフの日だけ何もつけずに過ごします。

また夜だけプチ断食も良いです。

日中はメイクが出来ますし、夜の洗顔後何もつけずに寝て、朝通常通りスキンケアを行うというだけです。

このプチ断食を行うことで、肌の要らない角質層が程よく剥がれ落ち、翌日のスキンケアで化粧水の浸透力が良くなったり、肌の潤いが得られたりと肌の状態が徐々に良くなり乾燥肌が改善されていきました。

まとめ

肌断食について、肌を鍛える方法だと考えていると、私のように乾燥がより酷くなり、肌の状態が最悪な事になってしまうという状態に陥ります。

肌断食は肌本来の強さを引き出すための手段であり、肌自体に乾燥する原因がある場合、肌断食をしてもより良い肌を手に入れるということはできません。

また、肌断食と聞き、全てのスキンケアを一度に辞めてしまうと、失敗します。

徐々に不要なものを減らしていく、プチ断食で肌に休息を与えるというような方法で行いましょう。

途中経過のガサガサ期が収まらないというときは、無理に肌断食を続けずに、中断するということも大切ですよ。